Category
Category
ホーム >ソフトウエア関連製品 > レコード > ROGER GUERIN - BENNY GOLSON ロジェ・ゲラン
ROGER GUERIN - BENNY GOLSON ロジェ・ゲラン

【JAZZ】
ROGER GUERIN - BENNY GOLSON
ロジェ・ゲラン『澤野工房』


【AS112】
Benny Golson : tenor sax
Bobby Timmons : piano
Pierre Michelot : bass
Christian Garros : drums
Michel Hausser : vibraphone
Martial Solal : piano
Cool&Groovy・・・これぞジャズ・クインテット!
抜群のスピード感で次々と繰り出されるソロの応酬。
「体感」するジャズの爽快さ、この一枚に凝縮!

【収録曲】
1  Stablemates  
2  Moanin'  
3  Blues March  
4  I Remember Clifford  
5  Not Serious
【ライナーノーツ】

ヨーロッパのトランペッターといえば、UKにはジミー・デューカー、デンマークにはアラン・ボッチンスキー、イタリアにはオスカー・ヴァルダンブリーニ、ヌンツィオ・ロトンド、そしてフランスにはロジェ・ゲランがいる。当時アート・ブレイキー&ジャズ・メッセンジャーズのツアーメンバーとしてフランス滞在中であった、ベニー・ゴルソン、ボビー・ティモンズの2名を迎えたクインテット編成での録音である。一貫してメンバー全員が打ち解けたような、リラックスムードでの演奏が聴かれ、取り分けリーダーであるロジェ・ゲランのメロディアスに歌い上げるアドリブが素晴らしい。“Moanin'”, “Blues March”は同年録音であるメッセンジャーズのBlue Note作品に収録されている演奏と比較してみると、驚くほどに印象が違って聴こえる。ほどよくクールダウンされたファンキーさを漂わせ、ゲラン、ゴルソン、ティモンズの3人が叙情性豊かなメロディーを紡いでいく様は、この作品特有のものであり、昔から人気の高いタイトルである所以ではないだろうか。

この後、ゴルソン、ティモンズは50年代後半にかけて、キラ星のような名盤の数々に録音を残していくが、それらの作品と比較してもなんら遜色の無い作品である事は明白で、もっと広く聴かれるべき一枚であると思う。非常に入手困難なオリジナル盤を手に入れる以外は、これまで、決して音質の良いとは言えない再発LPのみでしか聴く事ができなかったわけだが、今回復刻されたCDを聴いて驚愕した。澤野工房の方に「オリジナル盤もあんな凄い音なんですか?」と訊いてみたところ、あっさり「そうだよ。」という答えが返ってきた。なるほど、オリジナル盤がレアで高価なわけだ。

Text by 中野 克彦


【録音年:1958年 発売日:2011.7.22】

商品コード SW-SCD-023
製造元 澤野工房(JP)
原産地 Japan
本体価格 2,381
税込価格 2,571
ポイント 25
オプション1
オプション2
数量
ショッピングカートに入れる
全国一律送料480円 3万円以上送料無料!!

●「当日発送13時まで」のアイコンが付いた商品は、営業日13時までのご注文(振込の場合は13時までに入金確認済みのご注文)は、原則として当日中に発送いたします。
ただし、メール便ご希望の場合や「当日発送」アイコンの付いていない商品と一緒のご注文の場合は、対象外です。
●「メール便配送OK」のアイコンが付いた商品は、メール便配送も可能ですので、
ご希望の場合は備考欄に「メール便配送希望」と明記してください。
当ショップで金額を修正し対応いたします。
※ご注意:メール便は保証・配達日時指定・代引きの対応は有りません。
配送について詳しくは「ご利用案内」ページ(別ウィンドウが開きます) をご確認ください。

前の画面に戻る
関連商品
  氏名 : 評点 :
内容 :
レビューを書く

入力された顧客評価がありません。