Category
Category
ホーム >ソフトウエア関連製品 > レコード > SOUL JAZZ ジョルジュ・アルヴァニタス・クインテット
SOUL JAZZ ジョルジュ・アルヴァニタス・クインテット

【JAZZ】
SOUL JAZZ
ジョルジュ・アルヴァニタス・クインテット『澤野工房』


【AS091】
Georges Arvanitas : piano
Francois Jeanneau : tenor sax
Bernard Vitet : bugle
Michel Gaudry : bass
Daniel Humair : drums
五臓六腑に叩きつけられる、ファンキー・ジャズ!
忘れかけられていた、熱きバップ魂が再び燃え上がる・・・
アルヴァニタスの最高傑作・遂に覚醒! 

【収録曲】
1  This Here  
2  Bemsha Swing  
3  Oblivion  
4  Sonny Moon For Two  
5  Mister X  
6  Poco Loco  
7  Bohemia After Dark  
8  Monk’s Mood  
9  Bouncin’ With Bud
【ライナーノーツ】

近年、各レーベルにより、数多くのヨーロッパ盤のCDおよびアナログ盤の復刻が急速に進んだ。思いかえせば澤野工房の記念すべきCD第1弾はこのアルヴァニタスによる「3a.m.」と「Cocktail For Three」であった(ともにPretoria原盤)。あれは確か1998年の暮れだったと記憶している。あれから11年・・・。ついに多くのファンが待ち望んでいたアルヴァニタスの「Soul Jazz」がCD化となった。ヨーロッパ・ジャズ屈指のハード・バップ作品である。

本作をはじめて聴いたときの興奮は今でも深く脳裏に刻み込まれている。“This Here”のファンキーな幕開けからはじまり、疾走感溢れる“Oblivion”、重厚なハード・バップ“Bohemia After Dark”など、エキサイティングな楽曲がズラリと並ぶ。これだけ五臓六腑をビンビンとやられては、いやがうえにも忘れられない作品となるものだ。さらにジャケット。この絶妙な文字と写真の構図、そして大胆な色使い。名盤は概してジャケット・デザインも秀逸なのだ。

アルヴァニタスは18歳でプロとして本格的に活動をはじめ、2005年9月25日にパリで生涯を終えた。発表された作品中、我が国では前述のPretoria盤2枚と「Trio in Concert」(Futura)が深く愛聴されてきた。しかし、本作のCD化により、ベールに包まれていた内容が広く知れ渡ることになる。今後、“アルヴァニタスの最高傑作は「Soul Jazz」”と豪語するリスナーが増殖するに違いない。

Text by 塙 耕記


【録音年:1960年 発売日:2009.10.23】

商品コード SW-SCD-021
製造元 澤野工房(JP)
原産地 Japan
本体価格 2,381
税込価格 2,571
ポイント 25
オプション1
オプション2
数量
ショッピングカートに入れる
全国一律送料480円 3万円以上送料無料!!

●「当日発送13時まで」のアイコンが付いた商品は、営業日13時までのご注文(振込の場合は13時までに入金確認済みのご注文)は、原則として当日中に発送いたします。
ただし、メール便ご希望の場合や「当日発送」アイコンの付いていない商品と一緒のご注文の場合は、対象外です。
●「メール便配送OK」のアイコンが付いた商品は、メール便配送も可能ですので、
ご希望の場合は備考欄に「メール便配送希望」と明記してください。
当ショップで金額を修正し対応いたします。
※ご注意:メール便は保証・配達日時指定・代引きの対応は有りません。
配送について詳しくは「ご利用案内」ページ(別ウィンドウが開きます) をご確認ください。

前の画面に戻る
関連商品
  氏名 : 評点 :
内容 :
レビューを書く

入力された顧客評価がありません。