Category
Category
ホーム >ソフトウエア関連製品 > レコード > LIBERTE SURVEILLEE ダニエル・ユメール
LIBERTE SURVEILLEE ダニエル・ユメール

【JAZZ】LIBERTE SURVEILLEE ダニエル・ユメール 『澤野工房』(CD2枚組)


【SKE333018.19】
【パーソネル】
 Daniel Humair : drums
 Marc Ducret : guitar
 Bruno Chevillon : bass
 Ellery Eskelin : tenor sax

【収録曲】
 1   Give Me The Eleven (Disc1)  
 2   Urgence  
 3   Ira Song  
 4   Missing A Page  
 5   Triple Hip Trip (Disc2)  
 6   Salinas   
 7   Mutinerie  
 8   Amalgam

【ライナーノーツ】
 ユメールのうねるリズム、デュクレのハードエッジなギター、エスケリンのクールでビターなサックス、そしてジェヴィヨン超絶技巧のベース。安定したリズム隊の上をサックスとギターがチェイスするテーマや、卓越した各々のソロ演奏、ヨアヒム・キューンの曲を三曲取り上げているところなどが、この作品の聴き所。トリオのシャープにしてめまぐるしい動きに悠然と乗っかり、肉厚のテナー・トーンでホットなブロウを繰り広げるエラリーはとってもセクシー。
2001年6月、パリでのライヴを収録した2枚組。

【録音年:2001年 発売日:2001.12.25】

『きよしの今月のこの一枚!』に選ばれたJAZZ CDです!『2010年11月』

 当ショップ(私)の一番好きなパターンのJAZZCDの一枚です。
スーパーセッション、ライブ録音、新しいJAZZ、澤野工房とくれば、文句なく買いだと思いますよ!
 
 オーナーが澤野さんに注文を入れた途端、『一発目からこれですか!』と驚かれたそうです。『これは、ストライクゾーンが相当狭いんですわ、当るとはまる人は嵌るんですけどね!』とのコメントをいただいたと言ういわく付きのCDです。
 60年代の後半に、と言うことは私が学生だった頃のことですが、当時、一世を風靡した、いわゆる『New JAZZ』の範疇に入る音楽だと思いますが、私が気に入ったのは、何となくアルバート・アイラーを思い出させるテナー(ELLERY ESKELINの音と、迫力のあるドラムにささえられた、エレキギターとテナーのバトルと言う、あまり聴いたことのないセッションも珍しかったからです。
 ヨーロッパJAZZと言うことで、おそらく、当時のそれとは、音楽的にも数段進化している(私には分かりません)のでしょうが、録音の良さは、当時とは比較にならないほどで、私にもよく分かりました。
 『音楽に癒されたいと言う軟弱者』以外の方にお勧めします!

商品コード SKE333018-19
製造元 澤野工房(JP)
原産地 France
本体価格 3,000
税込価格 3,240
ポイント 32
オプション1
オプション2
数量
ショッピングカートに入れる
全国一律送料480円 3万円以上送料無料!!

●「当日発送13時まで」のアイコンが付いた商品は、営業日13時までのご注文(振込の場合は13時までに入金確認済みのご注文)は、原則として当日中に発送いたします。
ただし、メール便ご希望の場合や「当日発送」アイコンの付いていない商品と一緒のご注文の場合は、対象外です。
●「メール便配送OK」のアイコンが付いた商品は、メール便配送も可能ですので、
ご希望の場合は備考欄に「メール便配送希望」と明記してください。
当ショップで金額を修正し対応いたします。
※ご注意:メール便は保証・配達日時指定・代引きの対応は有りません。
配送について詳しくは「ご利用案内」ページ(別ウィンドウが開きます) をご確認ください。

前の画面に戻る
関連商品
  氏名 : 評点 :
内容 :
レビューを書く

入力された顧客評価がありません。