Category
Category
ホーム >ソフトウエア関連製品 > L’INEFFABLE ジャン=フィリップ・ヴィレ・トリオ
L’INEFFABLE ジャン=フィリップ・ヴィレ・トリオ

【JAZZ】
L’INEFFABLE
ジャン=フィリップ・ヴィレ・トリオ

『澤野工房』


MEL666015
Jean-Philippe Viret : bass
Edouard Ferlet : piano
Fabrice Moreau : drums

最高峰のトリオが描く、唯一無二の音世界。JEAN-PHILLIPE VIRETと、その仲間のみが創造し得る音楽の迷宮。
緊張と美に支配される、至福の瞬間を体験せよ。


【収録曲】
1.Tous contraints
2.Valence
3.Equivoque
4.Depart imminent
5.May be l’homme
6.Je suis un jeune homme
7.L’araignee
8.Echo
9.Laps

【ライナーノーツ】

天才ベーシスト、VIRETと、その仲間による新作である。天才、と大きく出るわけだが、その表現に躊躇することがないのは、彼がリーダーとなって作り出す音楽の世界が、いつも他との比較を絶して独特で、かつ完成度が高いからだ。彼のトリオの登場以来、口(筆)を極めて絶賛してきたが、とてもその実力に知名度が追いついているとは言えない。過小評価とはこのことであるが、筆者の微力を思い知るところでもある。まだ聴いていない音楽好きに言いたいのはただひとつ、知らずにいることは、あなたにとって損失だと思うから、とりあえず一度その世界に触れてごらんなさいということ。遅きに失することはない。もちろん、この作品からでも良いのだから。
彼らの音楽はメロディとリズムという役割をトリオ・フォーマットの中で再構築して、三位一体で作り上げられる。お互いの音に耳を研ぎ澄ませ、反応しながら、しかも破綻することがない。個々の技量が抜群に高いからだし、固い結束があるからこそだ。FERLETのピアノもMOREAUのドラムスも素晴らしいのだが、とくにVIRETのベースはいつもながら凄い。ピッキングはもちろん、アルコ(弓弾き)における音程の確かさは超絶技巧の域と言って良い。
謎かけのようなタイトルでイメージをふくらませつつ、様々に舞い踊る音の迷宮に遊ぶひとときは、外では得られない快感だ。緊張感に支配されながら、奥深い美があり、それはひそかな抒情を隠している。唯一無二、ただ聴くべし。

Text by 北見柊


【録音年:2014年 発売日:2014.10.24】
商品コード SW-MEL666015
製造元 澤野工房(JP)
原産地 Japan
本体価格 2,381
税込価格 2,571
ポイント 25
オプション1
オプション2
数量
ショッピングカートに入れる
全国一律送料480円 3万円以上送料無料!!

●「当日発送13時まで」のアイコンが付いた商品は、営業日13時までのご注文(振込の場合は13時までに入金確認済みのご注文)は、原則として当日中に発送いたします。
ただし、メール便ご希望の場合や「当日発送」アイコンの付いていない商品と一緒のご注文の場合は、対象外です。
●「メール便配送OK」のアイコンが付いた商品は、メール便配送も可能ですので、
ご希望の場合は備考欄に「メール便配送希望」と明記してください。
当ショップで金額を修正し対応いたします。
※ご注意:メール便は保証・配達日時指定・代引きの対応は有りません。
配送について詳しくは「ご利用案内」ページ(別ウィンドウが開きます) をご確認ください。

前の画面に戻る 次の商品
関連商品
  氏名 : 評点 :
内容 :
レビューを書く

入力された顧客評価がありません。